名古屋の新築一戸建てならハウスコンシェルジュ(日の出殖産) > ハウスコンシェルジュのブログ記事一覧 > マイホーム購入に重要な耐震性とは?新旧の耐震基準と等級について

マイホーム購入に重要な耐震性とは?新旧の耐震基準と等級について

≪ 前へ|共有名義での不動産購入のメリットとデメリットについてご紹介!   記事一覧   戸建ての建築工法は木造以外もある?建築工法の種類と特徴とは|次へ ≫

マイホーム購入に重要な耐震性とは?新旧の耐震基準と等級について

カテゴリ:不動産の豆知識

マイホーム購入に重要な耐震性とは?新旧の耐震基準と等級について

戸建て住宅などマイホームを購入する際に注意しなければならないのが、その物件の耐震性です。
耐震性には耐震基準と等級があります。
戸建て住宅など物件を探す際は、その住宅メーカーや工務店に耐震性について尋ね、確認しておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

新耐震基準と旧耐震基準の違い

地震が頻発する日本では建築基準法によって耐震基準が大地震のたびに見直されています。
耐震基準では壁の強度、室内壁のバランス、地盤・地質に合わせた基礎工法などがチェックされ、その基準に基づいて設計、施工すると定められています。
1978年に発生した宮城県沖地震をきっかけに、1981年6月に耐震性が強化されたのが新耐震基準で、それ以前の基準を旧耐震基準として区別しています。
新耐震基準は、震度6強~7程度の大地震でもすぐには建物が倒壊、崩壊せず、人命を守ることを前提に制定されました。
1995年の阪神・淡路大震災では、新耐震基準で建てられた住宅のうち倒壊したのは7.7%にとどまり、一方、旧耐震基準やそれ以前の旧旧耐震基準で建てられた住宅では倒壊が18.9%に上ったと報告されています(阪神・淡路大震災調査委員会中間報告から)。
さらに、木造の一戸建てに関しては阪神・淡路大震災を教訓に「2000年基準」として耐震基準が見直されて、事前の地盤調査が必要となり、柱や筋交いなどの接合部を固定する金具の種類などが指定されました。

もうひとつの基準・3つの耐震等級について

住宅の耐震性を判断するもうひとつに基準として、耐震等級があります。
品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)に準じて制定され、3つの等級に分かれています。
国に登録された評価機関が建物の損傷防止と倒壊防止についてどのレベルの耐震等級なのかを判定しています。
等級1は、数十年に一度発生する恐れのある地震で建物が損傷せず、数百年に一度発生するかもしれない大地震でも建物が倒壊しない程度とされています。
等級2は等級1の1.25倍の耐震性(学校や避難所相当)、等級3は等級1の1.5倍の耐震性(病院や消防署相当)とされています。
通常、等級は「3」になるほど工事費は割高になるので、安全性と予算を踏まえてどの等級にするかを検討しましょう。

まとめ

地震がたびたび発生する日本では、住宅など建物の耐震性を判断する物差しとして耐震基準と耐震等級があります。
地震大国ならでは物差しで、マイホームを購入する際はまず耐震基準と耐震等級を必ず確認しましょう。
私たちハウスコンシェルジュでは、仲介手数料無料の新築一戸建てなどもご紹介中です。
マイホーム購入に関するご不明点は、お気軽にご相談ください。

>>>当社のお客様の声はこちら


>>>仲介手数料無料物件特集はこちら


>>>仲介手数料が0円になる仕組みはこちら


>>>仲介手数料無料診断のお問い合わせはこちら


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|共有名義での不動産購入のメリットとデメリットについてご紹介!   記事一覧   戸建ての建築工法は木造以外もある?建築工法の種類と特徴とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 仲介手数料が無料になる仕組み
  • お見積りフォーム
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 月極駐車場一覧
  • athome
  • suumo
  • 更新情報

    2024-01-16
    ↓公式LINE開設しました↓

    ソース画像を表示

    気になる物件情報を送信して、
    お気軽にお問い合わせください!!
    2024-01-16
    2024-01-16
    ♪仲介手数料0円♪
    大キャンペーン開催! 
    新築一戸建て限定!
    ホームページ掲載物件全棟!
    仲介手数料無料!
    2500万円の物件の場合
    852,120円0円
    3000万円の物件の場合
    1,014,120円0円
    なんと無料です!!!
    この機会に是非当社にご相談下さい。
    ♪仲介手数料無料物件はこちらをクリック♪
    ※他キャンペーンとの併用不可。

    更新情報一覧

  • 会社概要

    会社概要
    ハウスコンシェルジュ
    • 〒457-0015
    • 愛知県名古屋市南区岩戸町17-22
    • 0120-777-026
    • TEL/052-822-2210
    • FAX/052-822-0021
    • 愛知県知事 (11) 第11828号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


トップへ戻る