名古屋の新築一戸建てならハウスコンシェルジュ(日の出殖産) > ハウスコンシェルジュのブログ記事一覧 > 築浅の一戸建ては早期売却がおすすめ!売却のコツを解説

築浅の一戸建ては早期売却がおすすめ!売却のコツを解説

≪ 前へ|一戸建てを対象にした不動産投資とは?メリット・デメリットを解説   記事一覧   一戸建て住宅でイルミネーションを楽しむ方法とは?注意点と併せてご紹介!|次へ ≫

築浅の一戸建ては早期売却がおすすめ!売却のコツを解説

カテゴリ:不動産の豆知識

築浅の一戸建ては早期売却がおすすめ!売却のコツを解説

予期せぬことが原因で、購入したばかりの住宅を売却しなければならないこともあるでしょう。
築浅の一戸建ては早めに売却することがおすすめです。
この記事では、築浅の一戸建てを売却するコツや早期売却がおすすめな理由を解説します。
築浅の一戸建てを売るかどうか迷っている方は、ぜひ参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

築浅の一戸建てを売却するには「売却理由」が重要

築浅の一戸建てを売却するには「売却理由」が重要

はじめに、築浅の一戸建てを売却する際に知っておきたいポイントを解説します。

売却理由を明確にする

築浅の一戸建てを売却する場合、売却理由を明確にすることが大切です。
ほとんどの方が、何十年と住むことを前提に家を買います。
そのため築年数が浅い物件が売りに出されていると「なぜこんなにも早く手放すんだろう?」と疑問をもたれてしまいます。
なかには物件自体に欠陥があるのかと不安に思う方もいるはずです。
どんなに条件の良い物件でも、不安を持たれてしまってはなかなか売却に繋がりません。
購入希望者を安心させるためにも、どのようなきっかけで売却に至ったのかを伝えるようにしましょう。

欠陥は隠さずに伝える

なかには心理的瑕疵が原因で売却する方もいらっしゃるでしょう。
心理的瑕疵物件とは、自殺や他殺などの不自然死があったり、近くに嫌悪・迷惑施設が立地していたりする物件のことです。
心理的瑕疵があることを隠して売却すると、契約不適合責任に問われ損害賠償を請求される可能性があります。
物件の欠陥は隠さずにきちんと話すようにしましょう。

意外と多い近隣トラブル

築浅物件を売却した世帯におこなったアンケートでは、多くの割合で「近隣トラブルがあった」と答えています。
もっとも多いのが「近隣住民との折り合い」です。
続いて「生活音や騒音によるトラブル」「ペットの飼育マナー」となっています。
このようなトラブルは、売却時に買主へ伝えるべきなのでしょうか?
売主には「購入意思の決定に影響を及ぼすような重要事項」を買主に告知する義務があります。
近隣トラブルは住人が変われば解決する可能性もあるため、重要事項に該当するかどうか一概には判断できません。
とはいえ、告知しなかったことで大きなトラブルに発展する可能性もないとはいえないでしょう。
買主へ告知する必要があるのかどうか判断を仰ぐためにも、不動産会社には必ず伝えておくことをおすすめします。

築浅の一戸建てはいくらで売れる?価格相場と早期売却の必要性

築浅の一戸建てはいくらで売れる?価格相場と早期売却の必要性

前述したように、築浅の一戸建ては早めに売却することをおすすめします。
なぜなら築年数によって売却価格が大きく異なるためです。
ここでは、築浅の一戸建てがいくらで売却できるのかと、早期売却がおすすめな理由を解説します。

建物の価値は築5年で3割も減少する

国土交通省の調査によると、築5年の価格相場は新築時の7割程度にまで減少します。
たとえば4,000万円の土地付き一戸建(建物2,500万円・土地1,500万円)を購入したとしましょう。
土地の価格は年数に影響されないため建物の価格だけが下がり、築5年では3,250万円(建物1,750万円+土地1,500万円)になっているということです。
さらに築10年では、相場価格は新築時の半分ほどにまで減少します。

誰かが1日でも住むと価値が下がる

新築が好まれる日本では、誰かが1日でも住んだ時点で家の価値が下がると言われています。
たとえ設備や内装が新品のように綺麗であっても、誰かが住んだ時点で中古物件という扱いになるのです。
また人が入居していなくても、築年数が経つごとにどんどん価値はさがっていきます。
とくに築15年あたりまでは価格の下落率が大きく、1年経つごとに新築時の価格から5%ほど低下します。
たとえば4,000万円で新築を購入したとしましょう。
建物の価格は、築6年で2,600万、築7年では2,400万円と毎年約200万円ずつ下がっていきます。
このように、築年数が浅いほど価格の下落幅が大きいため、築浅物件は早めに売却することがおすすめです。

築浅物件の売却数が増加傾向にある

コロナ禍で在宅時間が増え、アパートやマンションよりも広い一戸建てに住みたいという方が増加しています。
とくに築浅物件は、古い家よりも設備が綺麗なうえ、新築よりも安い価格で買えるため人気です。
実際にレインズの調査では、築浅物件の売却数が増加傾向にあるとの結果が出ています。
需要と供給のバランスはいつ崩れるかわかりません。
一戸建ての需要が増えいている今は、まさに売却のチャンスといえるでしょう。

築浅の一戸建てを早期売却するためのコツやポイント

築浅の一戸建てを早期売却するためのコツやポイント

最後に、築浅の一戸建てを早期売却するために知っておきたいコツやポイントをご紹介します。

適正価格で売りに出す

「築浅なら高い値段でも売れるのでは?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。
確かに築浅は人気がありますが「中古」であることに変わりはありません。
新築と同じような感覚で売りに出しては、なかなか買い手がつかないでしょう。
早く売却するには、適正価格で売りに出すことが大切です。
なお、ここでいう適正価格とは相場に見合った価格ということです。
住宅情報サイトで同エリアにある類似物件の価格を調べれば、ある程度の相場を把握できます。

設備はすぐに撤去しない

通常、不動産を売却する際には家中の設備をすべて撤去します。
ただし、設備によっては残しておいたほうが良いこともあります。
たとえばエアコンや衣類乾燥機などです。
これらの設備は人気がありますが、自分で購入するとなるとけっこうな金額がかかります。
そのまま残しておくことで、物件の価値が高まるかもしれません。
設備を撤去するかどうかは、購入希望者の反応をみてから決めても良いでしょう。

売却価格でローンを返済できるか考える

売却する一戸建てに住宅ローンが残っている場合、売却と同時にローンを完済しなければなりません。
なぜなら、金融機関が自宅に抵当権(自宅を担保に取る権利)を設定しているためです。
抵当権がついたままでは売却できないので、ローンを完済して外す必要があります。
そこで考えなければならないのが、売却価格でローンを返済できるかどうかです。
もしも売却代金をあててもローンを完済できない場合には、差額を現金で用意しなければなりません。
とくに築浅の一戸建ては住宅ローンが残っていることが多いため注意が必要です。
また、不動産を売却する際には、ローン完済費用のほか諸費用もかかります。
一般的な諸費用の相場は、物件価格の約4%ほどです。
一戸建てを売却する際には、売却価格で諸費用とローンの残りを完済できるかどうか考えてみましょう。

税金対策をして確定申告をする

一戸建てを売却して譲渡所得(利益)が出たら、確定申告が必要です。
マイホームの売却時には、利用できる減税制度があります。
たとえば「3,000万円の特別控除の特例」では、家の所有期間に関係なく譲渡所得から3,000万円まで控除が可能です。
節税効果の高い制度なので、要件にあてはまる方は漏れなく利用しましょう。
適用要件に関しては国税庁のホームページ、もしくは税務署にご確認ください。

まとめ

築浅の一戸建てを売却するコツや早期売却がおすすめな理由をご紹介しました。
建物の価値は築5年で3割も減少すると言われています。
さらに築15年あたりまでは価格の下落率が大きいため、築浅の一戸建ては早めに売却することがおすすめです。
築浅の一戸建てを売却したいとお考えの方は、弊社までお気軽にご相談ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|一戸建てを対象にした不動産投資とは?メリット・デメリットを解説   記事一覧   一戸建て住宅でイルミネーションを楽しむ方法とは?注意点と併せてご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 仲介手数料が無料になる仕組み
  • お見積りフォーム
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 月極駐車場一覧
  • athome
  • suumo
  • 更新情報

    2024-01-16
    ↓公式LINE開設しました↓

    ソース画像を表示

    気になる物件情報を送信して、
    お気軽にお問い合わせください!!
    2024-01-16
    2024-01-16
    ♪仲介手数料0円♪
    大キャンペーン開催! 
    新築一戸建て限定!
    ホームページ掲載物件全棟!
    仲介手数料無料!
    2500万円の物件の場合
    852,120円0円
    3000万円の物件の場合
    1,014,120円0円
    なんと無料です!!!
    この機会に是非当社にご相談下さい。
    ♪仲介手数料無料物件はこちらをクリック♪
    ※他キャンペーンとの併用不可。

    更新情報一覧

  • 会社概要

    会社概要
    ハウスコンシェルジュ
    • 〒457-0015
    • 愛知県名古屋市南区岩戸町17-22
    • 0120-777-026
    • TEL/052-822-2210
    • FAX/052-822-0021
    • 愛知県知事 (11) 第11828号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


名古屋市北区長田町2丁目33-3【仲介手数料無料】新築戸建て

名古屋市北区長田町2丁目33-3【仲介手数料無料】新築戸建ての画像

価格
3,480万円
種別
新築一戸建
住所
愛知県名古屋市北区長田町2丁目33-3
交通
尼ケ坂駅
徒歩6分

名古屋市北区長田町2丁目33-3【仲介手数料無料】新築戸建て

名古屋市北区長田町2丁目33-3【仲介手数料無料】新築戸建ての画像

価格
3,880万円
種別
新築一戸建
住所
愛知県名古屋市北区長田町2丁目33-3
交通
尼ケ坂駅
徒歩6分

名古屋市北区長田町2丁目33-5【仲介手数料無料】新築戸建て

名古屋市北区長田町2丁目33-5【仲介手数料無料】新築戸建ての画像

価格
3,780万円
種別
新築一戸建
住所
愛知県名古屋市北区長田町2丁目33-5
交通
尼ケ坂駅
徒歩6分

トップへ戻る