名古屋の新築一戸建てならハウスコンシェルジュ(日の出殖産) > ハウスコンシェルジュのブログ記事一覧 > 一戸建てを対象にした不動産投資とは?メリット・デメリットを解説

一戸建てを対象にした不動産投資とは?メリット・デメリットを解説

≪ 前へ|一戸建て住宅は「貸す」or「売る」どっちが得?メリットをご紹介   記事一覧   築浅の一戸建ては早期売却がおすすめ!売却のコツを解説|次へ ≫

一戸建てを対象にした不動産投資とは?メリット・デメリットを解説

カテゴリ:不動産の豆知識

一戸建てを対象にした不動産投資とは?メリット・デメリットを解説

不動産投資と聞くと、アパートやマンションを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
不動産投資のなかには一戸建てを対象としたものもあり、一戸建て投資ならではのメリットがたくさんあります。
今回は、一戸建て投資の仕組みやメリット・デメリットを解説します。
不動産投資をおこないたい方や一戸建て投資について知りたい方は、ぜひ参考にご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建てを対象にした不動産投資とは?

一戸建てを対象にした不動産投資とは?

はじめに、一戸建て投資とは何かを解説します。

一戸建て投資とは?

一戸建てを土地ごと購入して、他人に貸し出すことを「一戸建て投資」と言います。
購入した不動産を賃貸に出して家賃収入を得るというのは、ほかの不動産投資と変わりありません。
ただし一戸建て投資には、ほかの投資では得られないメリットがあります。
たとえばマンションやアパートなどに比べて、安定した収入を長期間得やすいなどです。
隣の家と独立している一戸建てはプライバシーの確保がしやすく、ファミリー層から根強いニーズがあります。
ファミリー層は長く住み続けてくれる可能性が高いため、安定した家賃収入が期待できるでしょう。
また在宅ワークが増えた近年では、アパートよりも広い一戸建てに住みたいと思う方が増えており、一戸建ての需要が高まっています。
一戸建て投資は「不動産投資に挑戦したいけれど、アパートやマンションを購入するのはハードルが高い」という方におすすめです。

一戸建て投資の種類

一戸建て投資には、新築を購入・建築しておこなう方法と、中古住宅を購入しておこなう方法の2つのパターンがあります。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、双方の特徴を理解しておきましょう。

新築の一戸建てを対象にした投資
新築の一戸建てを購入、または建築して投資をおこないます。
1から建築する場合、ターゲットにあわせて設備を導入できるというメリットがあります。
子育て世帯の多い地域では庭を設置する、共働き夫婦が多いエリアではガス乾燥機を設置するなどです。
物件の付加価値を高めれば、多少家賃が高くても入居してくれるかもしれません。
また設備や内装・外装などが新しいため、当分の間修繕が必要ない点もメリットです。

中古の一戸建てを対象にした投資
中古の一戸建てを購入して賃貸に出します。
新築よりも安い金額で購入できる点がメリットです。
郊外の物件であれば、1,000万円もかからずに購入できるケースもあります。
ただし、古すぎる物件はリフォームや修繕に高額な費用がかかる可能性があります。
また躯体部分の腐食や白蟻被害などの隠れた瑕疵にも注意しなければなりません。
できれば購入前に住宅診断などをして、瑕疵がないか確認することがおすすめです。

一戸建てを対象にした不動産投資のメリットとは

一戸建てを対象にした不動産投資のメリットとは

前述したように、一戸建て投資には一戸建てならではのメリットがたくさんあります。
ここでは、一戸建て投資のメリットを3つご紹介しましょう。

少ない予算で始められる

アパートやマンションで投資をするとなると、数千万~数億円ほどの資金が必要です。
一方、中古の一戸建てであれば数百万円で投資できるケースも少なくありません。
新築だと中古よりも高額になりますが、アパートやマンションを購入するよりは安くで済むでしょう。
また、アパートやマンションに比べて投資金額が安いため、ローンの審査にとおりやすいという点もメリットです。

利回りが高め

一戸建ては集合住宅よりも広く、設備が充実しています。
独立した空間なので生活音を気にする必要もありません。
このように、一戸建ては借り手にとってもメリットがたくさんあります。
しかし、賃貸の一戸建てはそこまで多くありません。
そのため希少性が高く、家賃が多少割高でも入居者がすぐに決まるというメリットがあります。
また少ない予算で始められるため、アパートなどと比べて早めに投資金額を回収することも可能です。

安定した収入を得られる

前述したように、一戸建てはファミリー層に人気です。
ファミリー層は学区の関係から気軽に引っ越しが出来ず、入居期間が長いという特徴があります。
ここで賃貸住宅市場景況感調査による平均居住期間をご紹介しましょう。
調査結果によると、ファミリー層の約7割が同じ物件に4年以上入居していると答えています。
一方、単身世帯(学生を除く)の入居期間は2〜4年がもっとも多く、4年以上入居していると答えた方は2割程度です。
またマンションの場合、毎月の修繕積立金もかかります。
修繕積立金は築年数の経過とともに高くなるため、実際の収入が減るかもしれません。
一戸建てはこうしたリスクがなく、長く安定した収入が得られるという点がメリットの1つです。

一戸建てを対象にした不動産投資のデメリットとは

一戸建てを対象にした不動産投資のデメリットとは

メリットの多い一戸建て投資ですが、一方でデメリットも存在します。
投資を始めてから後悔しないよう、デメリットも理解しておくことが大切です。
メリット・デメリットを把握したうえで、自身に一戸建て投資が合っているかどうか判断しましょう。

管理に手間がかかる

都内にある一戸建ては価格が高く、どうしても利回りが低くなってしまいます。
そのため郊外の一戸建てを選ぶ方は少なくありません。
郊外の一戸建ては安く購入できますが、交通アクセスが良くない場所に立地していることも多いです。
都内に勤めている方では、物件がある場所に行くにも時間がかかります。
本業との日程調整が必要になり、なにかと手間がかかるでしょう。
また一戸建ての場合、アパートやマンションに比べて原状回復工事が大規模になりやすいという点もデメリットの1つです。
長期間入居していた方が退去した場合には、家をまるごと工事しなければならないこともあります。
工事の際にも立会いが必要なので、ここでも本業とのスケジュール調整が必要です。
このような手間を省くには、管理会社に管理を委託することをおすすめします。
月々の委託料はかかりますが、物件の管理にかかる手間が省けるため、本業が忙しい方でも安心です。

修繕費用が高額になる場合がある

中古の一戸建てを購入して賃貸に出すには、ほとんどの場合リフォームや修繕が必要です。
築30年ほどの一戸建てをリフォームする場合、約300万円ほどかかると言われています。
リフォームの規模によっても費用は異なりますが、業者に依頼するとなるとそれなりの資金が必要です。
どんなに安く購入できたとしても、修繕費用が高額になってしまっては損をしてしまいます。
できる限り自分で修繕するなどして、リフォームや修繕にかかる費用を節約しましょう。

家賃収入がゼロになる可能性も

アパートの場合1室が空室になっても、ほかの部屋に入居者がいれば家賃収入がゼロになることはありません。
一方、一戸建て投資の場合は貸し出す部屋が1つしかないため、入居者がいないと家賃収入はゼロになってしまいます。
このような空室リスクを下げるためには、周辺エリアにどれだけの入居需要があるかリサーチすることが大切です。
安くて魅力的な物件であっても、入居需要がないエリアでの投資はおすすめできません。
またローンを組む場合には、空室になっても返済できるよう、ある程度の貯金は必要でしょう。

まとめ

一戸建て投資は少額から始められるため、投資初心者におすすめです。
いずれはアパートやマンションで投資をしたいという方も、まずは一戸建て投資から始めて知識や経験を積んでも良いでしょう。
一戸建て投資を検討中の方は、弊社までお気軽にご相談ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|一戸建て住宅は「貸す」or「売る」どっちが得?メリットをご紹介   記事一覧   築浅の一戸建ては早期売却がおすすめ!売却のコツを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 仲介手数料が無料になる仕組み
  • お見積りフォーム
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 月極駐車場一覧
  • athome
  • suumo
  • 更新情報

    2024-01-16
    ↓公式LINE開設しました↓

    ソース画像を表示

    気になる物件情報を送信して、
    お気軽にお問い合わせください!!
    2024-01-16
    2024-01-16
    ♪仲介手数料0円♪
    大キャンペーン開催! 
    新築一戸建て限定!
    ホームページ掲載物件全棟!
    仲介手数料無料!
    2500万円の物件の場合
    852,120円0円
    3000万円の物件の場合
    1,014,120円0円
    なんと無料です!!!
    この機会に是非当社にご相談下さい。
    ♪仲介手数料無料物件はこちらをクリック♪
    ※他キャンペーンとの併用不可。

    更新情報一覧

  • 会社概要

    会社概要
    ハウスコンシェルジュ
    • 〒457-0015
    • 愛知県名古屋市南区岩戸町17-22
    • 0120-777-026
    • TEL/052-822-2210
    • FAX/052-822-0021
    • 愛知県知事 (11) 第11828号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


トップへ戻る